吸収率の高さでヒアルロン酸のサプリメントを選ぶ

投稿日 2016年9月11日 日曜日

コメント コメント(0)

効果が期待できそうなヒアルロン酸サプリメントを選ぶ基準の一つが、低分子であるかどうかです。なぜ分子の大きさが重要になってくるのかというと、それが体や肌への吸収率を大きく左右してしまうからです。分子とは理科の教科書にも登場してくる、物質の構成要素になります。この分子の数が大きいと体や肌への吸収率が低下してしまうのです。ヒアルロン酸は食べ物にも含まれていますが、それをたくさん摂取したからと言って、十分なヒアルロン酸を補給できるわけではありません。それは天然のヒアルロン酸は分子が大きいからです。それではせっかく良質のヒアルロン酸が配合されている製品だったとしても、期待するほどの効果を得にくくなります。分子が大きくなってしまうと、体だけでなく肌からの吸収率も低下してしまうのです。それなのでヒアルロン酸を低分子化して配合していないヒアルロン酸のサプリメントや化粧品は、せっかく使っても期待するほどの効果が得られにくいのです。低分子ヒアルロン酸とは通常のヒアルロン酸の分子を小さくすることで、体に吸収しやすく改良したヒアルロン酸です。ヒアルロン酸を低分子化する方法ですが、主に薬品を使って分子を小さくするか、熱処理によって行われるのがほとんどです。

ヒアルロン酸のサプリメントを選ぶ時は、必ずサプリメントのパッケージをよく読んでから購入するようにしましょう。パッケージには配合されているヒアルロン酸のタイプが記載されているはずです。普通にヒアルロン酸とだけしか表記されていない商品では、低分子化されていないヒアルロン酸が配合されていると考えられます。そのようなヒアルロン酸のサプリメントを購入しても吸収率があまりよくないのです。一方で低分子化しているヒアルロン酸を配合している商品には、低分子ヒアルロン酸の記載がされているはずです。

高い効果を期待するのであれば、吸収率の良さも重視してヒアルロン酸のサプリメントを選ぶようにしましょう。

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントする

コメントを投稿するには、ログインする必要があります。