ヒアルロン酸のサプリメントの質を保つ製造方法

投稿日 2016年9月22日 木曜日

コメント コメント(0)

ヒアルロン酸サプリメントを選ぶポイントの一つに、吸収率の高さが挙げられます。低分子化したヒアルロン酸を使用したほうが高い効果が得られやすいのです。さらに質の良いヒアルロン酸のサプリメントを選びたいのであれば、製造方法にもこだわってヒアルロン酸サプリメントをえらんだほうが、期待する効果が得られやすくなります。低分子のヒアルロン酸を製造するときには、薬品を使用したり、高熱で処理することで分子を小さくする方法で製造されることが多いのです。その理由は製造コストが安くなるからです。サプリメントは続けて摂取することが効果を得るために重要な点になってきますから、価格をある程度抑えないと大勢の方が続けて摂取することが難しくなってしまいます。しかしながら、熱処理や薬品によるヒアルロン酸の低分子化はヒアルロン酸の質に大きな影響を与えることにもつながります。1つは熱を加えることによってヒアルロン酸の鮮度が落ちてしまうことが考えられるのです。熱処理をしないほうが鮮度の高い状態を保てますので、肌や体に吸収されたときに、効果を発揮しやすくなります。もう1つは熱処理や化学薬品の影響で変性が起こる危険性が考えられます。ヒアルロン酸を低分子化しようとして、分子の形がゆがんでしまうことがありますが、その影響でヒアルロン酸がもたらしてくれる効果が低減する可能性があるのです。

ヒアルロン酸の低分子化の方法は研究されていますので、熱処理や化学処理を行ってもある程度の効果をもたらすことがわかっています。しかしその効果は処理を加える前と比べるとどうしても劣りやすいのです。ヒアルロン酸の質をできるだけ低下させない製造方法の一つに、酵素法という方法があります。酵素とはもともと人間の体内に存在する成分であり、消化や代謝を助けてくれる成分です。酵素を使ってヒアルロン酸を低分子化することで、低温でもヒアルロン酸の低分子化が行えるようになります。そのおかげでヒアルロン酸の質を保ちやすくなるのです。

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントする