皇潤のヒアルロン酸の特徴

投稿日 2016年6月25日 土曜日

コメント コメント(0)

ヒアルロン酸は体や肌に潤いを与えてくれる成分として有名ですが、中にはヒアルロン酸の化粧品やサプリメントを使っても意味がないと言う意見があります。それはヒアルロン酸が配合されている化粧品やサプリメントを使用しても、体への吸収がよくないと考えられるからです。その理由はヒアルロン酸の分子の大きさにあります。ヒアルロン酸はもともとは分子が大きいため、体内に吸収されづらいというデメリットがあるのです。それなのでスキンケア製品でも、健康食品でもヒアルロン酸の配合量が多くあってもそれが全て肌や体に吸収されるとは限りません。高濃度ヒアルロン酸が配合されているとうたっているスキンケア製品や、健康食品を試してみても期待するほどの潤い効果が得られないのは、体にしっかりとヒアルロン酸が吸収されていないことが原因として考えられます。これではせっかくヒアルロン酸をサプリメントで摂取しても意味がなくなりますので、皇潤というサプリメントではヒアルロン酸の研究を行って、ヒアルロン酸を吸収しやすい形に変えたのです。

皇潤ではヒアルロン酸を低分子化することに成功しました、低分子化とはもともと大きな分子だった成分を小さくすることを言います。なぜ分子が大きいままだと体への吸収率が悪くなってしまうのかというと、人間が十分に成分を吸収できる分子量が決まっているからです。それ以上大きな分子になってしまうと、体への吸収率が落ちてしまうため濃度の高いヒアルロン酸を摂取しても体に十分吸収されなくなってしまうのです。そこで皇潤では、ヒアルロン酸を低分子化して配合しています。こうすることでヒアルロン酸が消化器官から吸収されやすくなり、体の隅々までその有効成分が届きやすくなります。そのおかげで効率よくそしてしっかりとその有効成分を体に吸収することができるようになっています。ヒアルロン酸サプリメントを選ぶときは、分子の大きさも高い効果が得られるかどうかを決めるポイントになります。

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントする

コメントを投稿するには、ログインする必要があります。