皇潤に含まれるファイブロキシンとは

投稿日 2016年6月26日 日曜日

コメント コメント(0)

年齢とともに足の曲げ伸ばしが辛くなってくるのは、関節の軟骨がすり減ってきていることが原因として考えられます。私たちの体には骨格を作っている骨と、関節部分に存在する軟骨から形成されています。ひじやひざといった関節を曲げ伸ばししても違和感や痛みを感じないのは、軟骨部分にクッションの役割を果たす潤い成分が存在しているからです。これが外から衝撃を受けてもそれを吸収して緩和してくれますので、私たちはスムーズにひざやひじの曲げ伸ばし運動ができているのです。そしてこのクッションの役割を果たす潤い成分ですが、本来は体内で生成されている成分です。ところが加齢とともにその生成量が減少してきてしまいます。その結果軟骨がダメージを受けやすくなってしまって、軟骨がすり減り、痛みや違和感が出てきてしまうのです。皇潤というサプリメントがありますが、皇潤がひざやひじといった関節の痛みの緩和に効果的に働きかけてくれるのです。

その秘密は配合されているファイブロキシンという有効成分にあります。このファイブロキシンは主にインドに生育する樹木から抽出された成分なのですが、高い抗炎症作用が期待できるのです。今注目の成分の一つであり、皇潤だけでなくファイブロキシンを配合しているサプリメントが販売されています。インドではアーユルヴェータと呼ばれる伝承医学が昔から取り入れられていたのですが、そこでもこの樹木から抽出された樹脂を関節の痛みを緩和するために用いていたのです。ファイブロキシンは天然成分ですから副作用もなく、人間の体にも優しいので安心して摂取することができるのです。ファイブロキシンは痛みの元を抑制して、炎症を防ぐように働きかけてくれます。さらには関節の劣化を促す酵素の働きを抑えてくれるのです。その効果は即効性があり、あるデータではファイブロキシンを取り始めたところ約1週間ほどで酷かった関節痛が緩和されたという報告がきかれています。

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントする

コメントを投稿するには、ログインする必要があります。