皇潤のビタミンD3の働き

投稿日 2016年6月27日 月曜日

コメント コメント(0)

今軟骨成分の修復や、軟骨成分の周りにある潤いを補給するサプリメントがたくさん販売されているのですが、皇潤もその効果が期待できるサプリメントです。ひざやひじに痛みや違和感が出てくるのは、関節がすり減っていることが原因として考えられます。関節の部分にある軟骨の周りにはコラーゲンなどの潤い成分があり、それが軟骨を外部の刺激から守る役割を果たしてくれています。ところが年齢とともにそのクッションの役割を果たしてくれていた成分の生成量が減少してきてしまいます。その結果関節が外部の刺激を受けやすくなってしまって、軟骨がダメージを受けやすくなります。そして軟骨成分がすり減ってきてしまうことで、ひじやひざに痛みが生じるようになります。皇潤では潤い成分を与えるだけでなく、すり減った軟骨の修復を助けてくれるのです。

骨の形成をサポートしてくれる成分といえば、カルシウムをまっさきに思い浮かべるでしょう。カルシウムをたっぷりと摂取していれば骨の形成を助けて、軟骨成分の修復を促してくれると考えますが、実はそれだけでは不十分なのです。カルシウムだけを単体で摂取したとしても体に十分に吸収されず、ビタミンDが不足していると骨が十分に形成されなくなってしまいます。そこでカルシウムとともにビタミンDを補うことによってカルシウムの吸収率を高めて、丈夫な骨を作ることができるのです。ビタミンDは小腸にてカルシウムの吸収率を高めて、体に吸収されやすいようにサポートしてくれます。カルシウムの吸収率が高まると骨の形成が進むようになり、関節痛が緩和されてきます。皇潤ではこのビタミンDも配合されていますので、効率よく軟骨の生成が行えるような環境を整えてくれるのです。またビタミンDにはインフルエンザを予防する効果もあります。年齢とともに免疫力も下がってきて、インフルエンザにかかりやすくなったり重症化する危険性も高くなりますので皇潤を飲むことでその予防効果も期待できます。

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントする

コメントを投稿するには、ログインする必要があります。