ヒアルロン酸のサプリメントの質を保つ製造方法

投稿日 2016年9月22日 木曜日

コメント コメント(0)

ヒアルロン酸サプリメントを選ぶポイントの一つに、吸収率の高さが挙げられます。低分子化したヒアルロン酸を使用したほうが高い効果が得られやすいのです。さらに質の良いヒアルロン酸のサプリメントを選びたいのであれば、製造方法にもこだわってヒアルロン酸サプリメントをえらんだほうが、期待する効果が得られやすくなります。低分子のヒアルロン酸を製造するときには、薬品を使用したり、高熱で処理することで分子を小さくする方法で製造されることが多いのです。その理由は製造コストが安くなるからです。サプリメントは続けて摂取することが効果を得るために重要な点になってきますから、価格をある程度抑えないと大勢の方が続けて摂取することが難しくなってしまいます。しかしながら、熱処理や薬品によるヒアルロン酸の低分子化はヒアルロン酸の質に大きな影響を与えることにもつながります。1つは熱を加えることによってヒアルロン酸の鮮度が落ちてしまうことが考えられるのです。熱処理をしないほうが鮮度の高い状態を保てますので、肌や体に吸収されたときに、効果を発揮しやすくなります。もう1つは熱処理や化学薬品の影響で変性が起こる危険性が考えられます。ヒアルロン酸を低分子化しようとして、分子の形がゆがんでしまうことがありますが、その影響でヒアルロン酸がもたらしてくれる効果が低減する可能性があるのです。

ヒアルロン酸の低分子化の方法は研究されていますので、熱処理や化学処理を行ってもある程度の効果をもたらすことがわかっています。しかしその効果は処理を加える前と比べるとどうしても劣りやすいのです。ヒアルロン酸の質をできるだけ低下させない製造方法の一つに、酵素法という方法があります。酵素とはもともと人間の体内に存在する成分であり、消化や代謝を助けてくれる成分です。酵素を使ってヒアルロン酸を低分子化することで、低温でもヒアルロン酸の低分子化が行えるようになります。そのおかげでヒアルロン酸の質を保ちやすくなるのです。

吸収率の高さでヒアルロン酸のサプリメントを選ぶ

投稿日 2016年9月11日 日曜日

コメント コメント(0)

効果が期待できそうなヒアルロン酸サプリメントを選ぶ基準の一つが、低分子であるかどうかです。なぜ分子の大きさが重要になってくるのかというと、それが体や肌への吸収率を大きく左右してしまうからです。分子とは理科の教科書にも登場してくる、物質の構成要素になります。この分子の数が大きいと体や肌への吸収率が低下してしまうのです。ヒアルロン酸は食べ物にも含まれていますが、それをたくさん摂取したからと言って、十分なヒアルロン酸を補給できるわけではありません。それは天然のヒアルロン酸は分子が大きいからです。それではせっかく良質のヒアルロン酸が配合されている製品だったとしても、期待するほどの効果を得にくくなります。分子が大きくなってしまうと、体だけでなく肌からの吸収率も低下してしまうのです。それなのでヒアルロン酸を低分子化して配合していないヒアルロン酸のサプリメントや化粧品は、せっかく使っても期待するほどの効果が得られにくいのです。低分子ヒアルロン酸とは通常のヒアルロン酸の分子を小さくすることで、体に吸収しやすく改良したヒアルロン酸です。ヒアルロン酸を低分子化する方法ですが、主に薬品を使って分子を小さくするか、熱処理によって行われるのがほとんどです。

ヒアルロン酸のサプリメントを選ぶ時は、必ずサプリメントのパッケージをよく読んでから購入するようにしましょう。パッケージには配合されているヒアルロン酸のタイプが記載されているはずです。普通にヒアルロン酸とだけしか表記されていない商品では、低分子化されていないヒアルロン酸が配合されていると考えられます。そのようなヒアルロン酸のサプリメントを購入しても吸収率があまりよくないのです。一方で低分子化しているヒアルロン酸を配合している商品には、低分子ヒアルロン酸の記載がされているはずです。

高い効果を期待するのであれば、吸収率の良さも重視してヒアルロン酸のサプリメントを選ぶようにしましょう。

検索

タグやエントリータイトルなどキーワードを入力すると、このサイト全体から記事を検索できます。

このブログについて